2014年02月02日

ハンターのレインシューズ

レインシューズは日本語で雨靴と呼ばれ、雨の日のおしゃれとして最近注目されており、気にする方が増えていると聞いたことがあります。
雨が浸透しにくいゴムやナイロン素材を利用したレインシューズはぬかるんだ地面でも足を汚す事が無いようです。
レインシューズを履くことによって、憂鬱な梅雨時期なども楽しく乗り切ることが出来るかもしれません。
レインシューズは長靴なので家庭菜園などに流用しても良いかもしれませんね。
最近は以前のような赤や黄色、白、黒などの単色ではなく、花柄などのおしゃれなレインシューズもたくさんあるようです。

レインシューズは雨の日のおしゃれアイテムとして老舗ブランドが最近注目していると聞きます。
見た目は赤や黒、茶などの単色ですが、ハンターレインシューズは靴の中にこだわりがあります。
イギリス王室御用達と言われるハンターのレインシューズは大変品質が良いことでも知られています。
寒い時期にはラバーブーツの中に温かい中敷ウォーマーが入ったハンターレインシューズが良いでしょう。
1856年にスコットランドで創業したハンターはレインシューズなどを扱う名門店として人気です。
おしゃれなストライプ模様のハンターレインシューズは隠れたおしゃれを楽しむ大人の遊び心があるようです。
ハンターレインシューズならば雨の日のおでかけがきっと楽しくなるでしょう。

レインシューズで有名な老舗名門店であるハンターではショート丈やヒールのあるものなど種類も豊富にあるようです。
ハンターレインシューズはオーソドックスなデザインの中に使い勝手のよさが垣間見えるものとなっているようです。
ハンターレインシューズの靴底は大変複雑な模様になっており、しっかりと地面をグリップすると聞きます。
ハンドメイドという大変手間暇をかけたハンターレインシューズは履き心地も抜群と評判になっているようです。
posted by ももたろ at 20:33| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。